私たちの家づくり

  • HOME
  • > 私たちの家づくり

私たちの家づくり

住まう人の暮らしを見つめて。

家は建てるものではなく住むもの

マイホームを建てることは、家族みんなの夢。
そしてマイホームは人生でいちばんの買い物です。

「家は建てるものではなく、住むもの」。
つまり、家とは日々の暮らしそのものであり、ひいてはそこに住まう人の人生に繋がっているということ。当たり前のことですが、私たちはいつもそれを念頭において家づくりに取り組んでいます。


お客様の希望を叶えるだけではなく、健康や経済性、耐久性など、様々な側面から住まいを見つめ、ご家族がずっと安心して快適に暮らせる家を提供することが私たちの使命です。


心地よい我が家の希望をカタチにします

ご家族一人ひとりのご希望を
カタチにします。

ご家族一人ひとりのご希望に対して臨機応変に対応できる注文住宅というスタイルも私たち建築本舗KURAのこだわりです。
注文住宅はゼロからのスタートですので、夢に描いていた青写真が少しずつ形になっていく喜びを味わえます。そして、そんなふうにつくった家の最後の仕上げはご家族の笑顔。

 


快適な住まいで笑顔の記憶を積み重ねることで、我が家はもっと心地よく、もっと愛しい場所になるでしょう。


建築本舗KURAのこだわり

お客様との窓口は、棟梁です。

「作り手の顔が見える」という安心感は、家づくりにおいてとても大切な要素です。
弊社では、代表取締役がお客様との窓口役を務めています。

代表取締役は、30年以上のキャリアを積み重ねてきた棟梁。まさに家づくりの現場を知り尽くしたプロですので、お打ち合わせで生じた問題もその場で解決することができます。
また、お客様と棟梁が直接お話しをすることで、細かなニュアンスも現場にフィードバックしやすくなり、より一層お客様のご要望を取り入れやすくなります。
棟梁が懇切丁寧にアドバイスいたしますので、どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。


木造の家づくり

やすらぎと安全を届ける、木造の家。

木の温もりを感じられる家は、日本人の心を落ち着かせてくれます。また、高温多湿な日本の風土を考えても、日本には調湿作用がある木造の家が最も適しているといえるでしょう。それに加えてアレルギー社会の昨今は、ナチュラル志向の人々が増え、家づくりにおいても自然素材への注目は高まるばかりです。

そうした風潮の中、私たちが願うのは「我が家が一番落ち着く場所であって欲しい」ということ。家族みんなが健康を脅かされることなく、笑顔で毎日を過ごせるように、私たちは上質な木材をふんだんに使って家をつくっています。
家づくりを手がけるのは、棟梁と3人の職人たち。これまでに積み重ねてきた数多くの現場経験を活かし、熟練した職人技でお客様の希望を叶えます。


家づくりについて